JBLプロフェッショナル用ユニット2115A

JBL社プロ用ユニットの特徴を引き出すため、山水によって製作されたエンクロージャーに20cm口径のコーン型フルレンジユニッ搭載のSANSUI Monitor 2115です。

アルニコVマグネットを採用

初期はインピーダンス16Ωの2115のみでしたが、1970年代後半以降になると8Ω仕様の2115Aと16Ω仕様の2115Bという2種類のバリエーションに変更されました。

SANSUI × JBL の名機

エンクロージャーには音響用パーチクルボードを採用しています。また、バッフル板には北欧製の樺桜合板を、補強材には米松を使うなど、材質には最新の注意が払われています。さらに、バッフル板の取り付け構造にホゾ組みを採用し、その他の各板の接合にはスプラインと隅木による十分な補強が施されています。

2ウェイ方式にグレードアップが簡単にできるエンクロージャー構造を採用しており、JBLプロ用トゥイーターModel 2405やネットワークModel 3105を使用することで2ウェイスピーカーシステムにすることができます。

外観はウォルナット・オイル仕上げとなっています。また、フロントグリルには天然檜材を用いた手作りの七宝組子を採用しており、格調高い仕上げとなっています。