修理・メンテナンスについて

経験・知識が豊かなエンジニアが常駐しております。修理・メンテナンスは当店にお任せ下さい。

オーディオ製品の修理・メンテナンスについて

オーディオ機器の操作関連までどんなささいな事でもお気軽に問い合わせ下さい。
ジャストフレンズではオーディオ専門店として培った長年の経験を生かし、ヴィンテージオーディオ・中古スピーカー・中古真空管アンプ、トランジスタアンプの修理やメンテナンスも行なっております。
1950年~1980年頃のヴィンテージのオーディオ製品は当時の優れた技術が注ぎ込まれ、非常に価値のあるスピーカー・真空管アンプが数多くあります。
只長い年月を経ている為、内部のコンデンサー・抵抗その他部品が容量抜けの不具合により必ずと言っていい程メンテナンスが必要となります。
当店ではオリジナルの製品の音質を忠実に再現できるようヴィンテージのコンデンサーを使いメンテナンスを施します。
中古真空管アンプ、中古スピーカーの修理・メンテナンスは長い経験を持つ当店にお任せ下さい。
※現在では入手困難な部品が必要な製品に関しては対応不可能な場合もございます事ご了承下さいませ。
また基本的には自作アンプの修理は承っておりません。
(回路図、配線図があるものに関してはご相談下さいませ。)
真空管アンプ修理・メンテナンス

真空管アンプ修理・メンテナンス

国内大手オーディオメーカーでエンジニア経験のある知識の豊富なスタッフが対応いたしますのでご安心してお任せ下さい。
真空管ソケット交換、メカニカル部品交換、コンデンサー・抵抗及び電子部品の交換、バイアス調整、各部クリーニング作業を行います。

トランジスタアンプのリレー交換

SANSUI、LUXMAN、YAMAHAなど国産オーディオメーカーであればほぼ対応しております。トランジスタアンプのスピーカーリレーも消耗品ですので交換が必要です。症状としては「音が出たり、出なかったりする」「大きい音を入れると音が出るが、小さなレベルの時に音がでなくなる」などです。当店でリレー交換した記事を張っておきますので参考にして下さい。

SANSUI AU-α607 MOS Premium 買取

スピーカーエッジ 交換・張替え

スピーカーエッジ交換
スピーカーユニットのウレタンエッジは、使用環境にもよりますが15年前後でボロボロになってしまいます。
JBLやALTECスピーカーを始め、国内外の各種スピーカーユニットのメンテナンス、エッジの交換、アッテネーターの洗浄クリーニングまで当店にて承っております。
費用に関しましてはメーカーやモデルにより変動致します。1度問合せ下さい。

ケーブルの断線修理

オーディオで使用するRCAケーブルやXLRケーブル、キャノンケーブルの修理も行っております。ハンダの劣化で音が出なくなったケーブルなど修理対応しております。

オーディオの出張修理について

オーディオにトラブルが有った時にお客様のご自宅にお伺いしてオーディオの修理診断させて頂きます。オーディオをコンポーネントで使用している場合、スピーカーの故障なのかアンプの故障なのか原因を探す処から始めなくてはいけません。

ご自分で原因が分からない場合など当店にご依頼頂ければオーディオシステムの診断をさせて頂きます。内容によってはその場で対応可能な場合もありますが、その場で修理するサービスではありませんのでご注意下さい。

当店によくご相談頂く内容としては

  • スピーカーの音が出ない
  • アンプの電源が入らいない
  • 音が歪んでいる、割れている
  • オーディオの操作方法が分からない
  • 持っていくのが大変なので来てほしい
  • など様々なご相談が寄せられています。
    トラブルの原因を特定しストレスなくオーディオを楽しめるようにお手伝いさせて頂きます。

    札幌市内であれば基本出張料金として5,500円となります。
    下記お問合せフォームからも受付しいますのでオーディオの操作や修理でお困りのお客様にお問い合わせください。

    問い合わせ

      こちらにチェック頂いてから送信ボタンをクリックして下さい。