第7回:だれでも簡単!オーディオ入門 初級編

こんにちはジャストフレンズです。オーディオ初心者向けにオーデオの基本を色々とお伝えしています。今回第7回目カートリッジの種類や特徴について掘り下げていこうと思います。オーディオの事を知ってもらい、楽しい音のある生活を広げていければと思いBlogにしています。少しでもお役に立てれば嬉しいです。

カートリッジとは?

カートリッジはレコード針の事を指します。レコードの盤面から音をピックアップする最も重要なパーツになり、アナログレコード再生ではイチバン音質に影響を与える部分であり、交換することで顕著に違いが分かる部分でもあります。カートリッジはヘッドシェルと呼ばれるパーツにセットされています。ヘッドシェルは素材や重さにより音が変化します。重いヘッドシェルを使うとトーンアーム全体の重量が増えるため音に締まりがでます。軽いヘッドシェルは幅広いトーンアームに対応できます。 好みの音質に合わせるためにカートリッジ/ヘッドシェル/トーンアームのバランスが大切となります。

カートリッジは精密に製造された電子的機械装置で、アナログディスクに刻まれた全長約800メートルに及ぶ溝から生まれる音を音響システム全体に伝える役割を果たしています。溝の壁の変化を電子信号に変換することでこれを実現しています。この技術はトーマス・エジソンが1877年にすず箔または蝋管と針を使用して発明したものです。針は水平または垂直に移動し、レコードの溝はその下を動いていきます。そこから、反対の端に取り付けた針金のコイルと磁石がわずかな音声信号を作成します。カートリッジにはムービング・マグネット(MM)とムービング・コイル(MC)の2種類があることは以前にお話しいたしましたが、MM型では、カンチレバーの端にある微小な磁石が2つのコイルの間に位置するよう取り付けられていて、この磁石の振動がコイルにわずかな電流を起こします。MC型はMM設計の逆で、カンチレバーにコイルが取り付けられています。磁石は極細のワイヤー製のコイルのそばに取り付けられています。その他にもMM型の一種でオーディオテクニカが独自特許を持つVM型カートリッジもございます。レコードを彫る時のカッターヘッドと同じ形でトレースするため音質が向上します。その他にもMP型、P型、SC型、IM型等メーカーによって形式が違ったりしますが大きく分けると出力的にMM/MCタイプに分けられます。

カートリッジの選び方

■いくつかの点を考慮する必要がございます。まずマウントの形状は何かをお調べください。

標準マウント:現在最も一般的なマウントで、ネジ2本でカートリッジの本体をヘッドシェルに固定、これをトーンアームに取り付ける方式。

Pマウント:カートリッジの後方側面にあるネジでトーンアームの適した位置に固定。カートリッジの4本の突起によりトーンアームに直接接続できる方式で、Technicsブランドのターンテーブルで主に使用されています。

■次に針先の形状、種類になります。

無垢針
針先(スタイラスチップ)全体がダイヤモンド製の針で、高域特性やトランジェント特性(音の立ち上がり)に優れています。

接合(ポンテッド)針
ダイヤモンドチップとカンチレバーの間を金属製台座で接合した針です。コストを押さえた生産が可能で、無垢針よりも重くなります。台座に使う金属によって優れたトランジェント特性を発揮するモノもあります。

サファイア針
加工し易いため低価格の針に使用されますが、ダイアモンド針に比べて摩耗が早く寿命が短いため現在はほとんど姿を消しました。
ダイアモンド針
現在流通しているほとんどの針はダイアモンド針です。ご存じのようにダイアモンドは地球上で一番硬い物質ですが、それでも数百時間で摩耗してしまいます。廉価な針では基材の先端に小さな工業用ダイアモンドを張り付けて研磨しますが、高級品の針ではムクのダイアモンドを研磨して製作するものもあります。

レコード針の先端部分は丸形状や楕円形状に加工されています。この形状の違いによって音質が変化します。「丸針」「楕円針」「シバタ針」に大別できるほか、楕円針をベースにアナログレコードの音溝への追従性を改良した「S楕円針」「ラインコンタクト針」などや、日本精機宝石工業では「SAS針」という独自開発の製品も提供している。


丸針
ボールペンの様に針先が丸型の針で、汎用モデルに多く採用されています。低音が力強く安定した再生ができます。針先が音溝に深く入り込まないためスクラッチやキューイングなどにも強く、DJ用の針としても多く採用されています。

楕円針
丸針の先端を楕円上にした針先で、音溝に深く入ってトレースするため、高域特性が良くなります。針の前後が薄くなっているため針先への負担が大きく針寿命が短くなります。

シバタ針
ラインコンタクト針の一種で4chレコード(CD-4形式)にも対応した針です。音溝への追従性が高く再生周波数特性も広く設計されています。特有の美しい中高音や、張り出し感あふれるメリハリ有る中域やボリューム感などが特徴。摩擦係数も低くなるため長寿命です。

SAS針
Super Analog Stylus略で、レコードに音溝を掘る(カッティング)ときの針と同じ形状にすることで音溝の奥まで届き追従性を最大限に高めたものです。音溝との接触面積が広いため、幅広い帯域の情報を漏らさず再生します。

ラインコンタクト針(S楕円針/超楕円針)
楕円針の先端形状を更に発展させ、ラインコンタクト(線接触)形状に加工されています。 レコードの音溝に対して針の接触面積を大きくし、なおかつ盤面との摩擦を少なくするように設計されています。そのため高音質が得られ、音溝の摩耗も少なくなり摩擦係数が低く長寿命化を実現しています。マイクロリニア針やHyper Ellipticalとも呼ばれます。

形状やタイプが違うだけで聴こえる音も変わってきます。安価な物や高価な物、長持ちするものやそうでないもの、種類が沢山ございます。この針を探す事だけでもとても楽しいはずです。新しい針をはじめて自宅で視聴する瞬間はとてもワクワクしますよね。勿論、中には合わない針もあり、失敗することもございます。DJの方やお店でレコードを鳴らす方であれば長持ちする針が必要ですし、お使いのアンプはMM型しか対応していなければMM型のカートリッジを探さなければいけません。MC型を使用したければMC用昇圧トランスを用意する必要がございます。是非、自分に合ったカートリッジを見つけて下さい。

メーカー別カートリッジの種類

カートリッジのメーカーは、オーディオのメーカーと同じくらい沢山ございます。代表的なものや人気なものを紹介していきます。

ortofon

The MC Century
創業から1世紀を迎えたオルトフォンがおくる、究極のMCカートリッジです。
定価 ¥1,260,000(税別)/世界限定100個/MC/カンチレバー素材:無垢単結晶ダイヤモンド
The SPU Century
SPU史上初、金属×無垢木材によるハイブリッド式Gシェル。伝統と革新が共存する新時代のSPUサウンド
定価 ¥595,000(税別)/世界限定250個/MC/カンチレバー素材:アルミニウム
MC Anna
新たな磁気回路を持つオルトフォンのフラッグシップモデル
定価 ¥720,000(税別)/MC/カンチレバー素材:ボロン
MC Xpression
新たなアナログの時代を彷彿させる斬新な北欧デザインに、驚異的な技術と伝統が融合
定価 ¥590,000(税別)/MC/カンチレバー素材:ボロン
MC Windfeld Ti
チタンを投入し究極の制震・高い発電効率とトレース能力を備えた最新カートリッジ
定価 ¥500,000(税別)/MC/カンチレバー素材:ボロン
MC Q Series
上級ラインの技術をいち早く取り入れた、ハイスペックかつコストパフォーマンスにも優れたMC Qシリーズ

MC-Q5
エントリークラスながらアナログサウンド独特のエネルギー感や味わいを十二分に楽しめる
定価 ¥30,000(税別)/MC/カンチレバー素材:アルミニウム
MC-Q10
銀線と無垢ダイヤがもたらすパワフルでキレの良い再生音
定価 ¥48,000(税別)/MC/カンチレバー素材:アルミニウム
MC-Q20
シルクのように滑らかで上質な再生音はまさに至高のアナログサウンド
定価 ¥71,000(税別)/MC/カンチレバー素材:アルミニウム
MC-Q30S
シバタ/サファイアのもたらす、極めてクリアなHiFiサウンド
定価 ¥95,000(税別)/MC/カンチレバー素材:サファイア
MC-Q MONO
ハイファイなモノラル再生が可能とした伝統のMCシリーズ
定価 ¥48,000(税別)/MC/カンチレバー素材:アルミニウム

2M Series
完成された独自のmoving magnetの磁気回路をシリーズすべてに採用した、史上最高のMMカートリッジ

2M RED
妥協のないエントリーモデル
定価 ¥13,000(税別)/MM/カンチレバー素材:アルミニウム
2M BLUE
楕円無垢ダイアモンドを搭載したハイパフォーマンスモデル
定価 ¥25,000(税別)/MM/カンチレバー素材:アルミニウム
2M Bronze
各部にオルトフォン伝統の技術が詰まった逸品
定価 ¥45,000(税別)/MM/カンチレバー素材:アルミニウム
2M Black
最高級の無垢ダイアモンドShibataを使用したMMカートリッジの最高級機
定価 ¥78,000(税別)/MM/カンチレバー素材:アルミニウム
2M Mono
贅沢な円錐無垢ダイアモンドを使用した高級モノラルMMカートリッジ
定価 ¥40,000(税別)/MM/カンチレバー素材:アルミニウム
2M 78
SP再生専用カートリッジ
定価 ¥15,000(税別)/MM/カンチレバー素材:アルミニウム

DENON

DL-103
信頼のMC型カートリッジ 放送局で活躍、現在も第一線で活躍しており人気のカートリッジです。
定価 ¥35,000(税別)/MC/丸針
DL-103D
軽量化、トレース能力の向上、軽針圧化をはかり65kHzに及ぶ超広帯域再生を実現した高性能MC型カートリッジです。
定価 ¥35,000(税別)/MC/特殊楕円針/ソリッドダイヤ
DL-103LC
日本コロムビア創立75周年記念モデル、話題のLC-OFC(線形結晶無酸素銅)線使用のMCカートリッジです。
定価 ¥20,000(税別)/MC/16.5ミクロン丸針
DL-110
MMポジションにダイレクト・イン可能なアンプを選ばない高出力型MCカートリッジです。
定価 ¥11,000(税別)出力電圧1.6mV/MC/ソリッド特殊楕円/
DL-301
MC型の良さである歪がなく、くせのない音質であらゆるジャンルのレコード再生に適しているMCカートリッジです。
定価 ¥22,000(税別)/MC/特殊楕円針/ソリッドダイヤ
DL-301II
振動系の生命ともいうべきカンチレバーを剛性を保ちながら軽量化し、解像度・エネルギー感・低域の締まり等の向上、4ヶ所止め可能、金属ボディの採用により、シェルへの強固な取付けが出来るセールスポイントを加えたMCカートリッジです。
定価 ¥22,000(税別)/MC/ソリッドダイヤ特殊楕円針
DL-305
振動系に微少ダイヤモンドチップ、軽量で剛性の高い極薄アモルファスボロンのカンチレバー、十字形巻枠に、硬質樹脂の採用により実効質量の飛躍的な軽減を行なうとともに、磁気回路に高性能サマリウムコバルトマグネットを採用して本体の軽量化をはかったMCカートリッジです。
定価 ¥65,000(税別)/MC/特殊楕円針/ソリッドダイヤ

SHURE

Shureは、90年以上の間、最高の品質・信頼性・価値を持つ製品の製造販売に取り組んでいました。こうした取り組みを続けるためには材料、製造工程、試験の一貫性はもちろんのこと、需要の変動に対応する能力も求められます。近年、フォノグラフカートリッジ製品部門では、Shureの厳しい基準を維持することが困難になっており、その結果、コストや納入という点でShureブランドへのお客様の期待に応えることができなくなり、検討に検討を重ねた結果、2018年夏よりShureフォノ製品の生産を終了しております。

M44G
DJカートリッジの定番と言われているモデルです。低音域のすばらしさ、高耐久性、レコードの磨耗率の少なさに定評があります。30年以上のロングランセールスがすべてを物語っているカートリッジです。スキップ抵抗と正確な音の再現のバランスが最適化されており、クラブやパーティーDJでミックス、スピン、スクラッチに適しています。
定価 ¥7,850(税別)/MM/円錐
M44-7
M44-7は元invisibl Skratch Piklz, X-ecutionersや世界的に有名なビートジャンキーズを含む多くのチャンピオンDJに愛用され、数々の伝説を生み出したカートリッジです。高出力設計でキレのあるスクラッチ音と強い音圧を得られ、レコード盤を無駄に傷つけることがなくレコードにも優しいです。
定価 ¥8,280(税別)/MM/円錐
V-15 TypeIII
V-15 TypeIIIは、7年間にわたる徹底的な研究開発を基に、忠実な再生音をもとめて開発されたMM型カートリッジです。JAZZボーカル等と相性抜群です。
定価 ¥23,000(税別)/MM/楕円針

audio-technica

VM型 dシリーズ
どのみち一緒に使うならはじめからシェル付きが便利ということで発売されたVM型dシリーズカートリッジです。
AT10d(緑)
定価 ¥6,000(税別)/VM型(MM)
AT11d(赤)
定価 ¥8,000(税別)/VM型(MM)
AT12d(黄)
定価 ¥10,000(税別)/VM型(MM)
AT13d(青)
定価 ¥13,000(税別)/VM型(MM)
VM型 Gシリーズ
こちらもシェル付きが便利ということで発売されたVM型Gシリーズカートリッジです。
AT12E/G(黄)
定価 ¥10,600(税別)/VM型(MM)
AT11d(青)
定価 ¥13,600(税別)/VM型(MM)
AT12d(黄緑)
定価 ¥19,000(税別)/VM型(MM)
AT13d(紺)
定価 ¥25,000(税別)/VM型(MM)
AT34
マグネシウム合金のヘッドハウジングと一体構造、左右チャンネル完全独立の微質量発電コイルを強力な平行磁界の中で振動させるMC型カートリッジでAT30シリーズの最高級機です。
定価 ¥38,000(税別)/MC/楕円研磨針

今後も、色々なカートリッジをご紹介していきますのでお楽しみに。