こんにちは。

ジャストフレンズです。

オーディオの売却をそろそろ考えているけど、いざ売ろうと思うとなかなか売るタイミングがわからない。

売ろうと思ってはいるけど、やはりもったいなくて手放せない。

でも、妻には邪魔だ!と言われるし、年をとってきたら重たいものを持つのも大変になってきて処分した方がいいのはわかるけど、なかなか決断できない。

このような方は結構多いと思います。

オーディオの終活を考えています!というお客様もいらっしゃるほどなので、オーディオをいつ売ればいいのか?というタイミングを知りたい!という方もいると思います。

そこで、今回の記事では、オーディオを売るタイミングについてお伝えしたいと思います。

オーディオを売るタイミングはいつがいい?

大事にしてきたオーディオを手放すことはあまり考えたくないことだと思います。

長年大切にしてきて、丁寧にメンテナンスをしたりカスタムをしたりしてきた自分だけの宝物を売るということは考えられないと思います。

そんな、なかなか踏ん切りがつかないオーディオを売るタイミングはいつがいいでしょうか?

・年をとってきてオーディオを最近あまり使わなくなった。

・メンテナンスなどが段々と面倒になってあまり触らなくなってきた。

・年をとってきて腰痛などもあり重たいものを持てない。

・子供や孫などがオーディオに興味がなくせめて大切に使ってくれる人へ譲りたい

・引越し先がオーディオを置けるスペースがない

などがオーディオを売るタイミングになると思います。

関連記事

加齢と腰痛で重い真空管アンプを運ぶのが困難に、そんな時は

オーディオを売った後に後悔しない為には?

大切なオーディオを売るということは、自分の宝物を売ることでもありますよね。

売った後にやっぱり売らなければよかったと後悔しないようにする為には、売却先のことも考える必要があると思います。

オークションなどで売る方もいらっしゃいますが、オークションの場合はご自分で梱包ややり取りなどをしなくてはいけません。

また、望ましくない人への売却になってしまう可能性も考えられます。

大切なものを売るときには、売却価格だけではなく、本当に大切に扱ってくれるのかどうか?を基準に考えてほしいと思います。

オーディオは高額取引されるものもあるので、どうしても少しでも高く売れればいい!と価格のみが先行しがちです。

ですが、今まで大切に扱ってきた宝物を買取価格が高いというだけで決めてしまっていいのでしょうか?

本当に大切に扱ってくれる新しいオーナーさんへ、あなたが大切にしてきたものを繋いでいくこともオーディオの価値をさらに高めていく為には必要なことではないでしょうか?

その時に基準にしてほしいことは、売却先が本当にオーディオを愛しているのかどうか?ではないかと思います。

私たちは、オーディオが好きでこの仕事を始めてから20年以上が経ちました。

壊れたものでも大切にメンテナンスをし命を吹き込み、次に大切に使ってくださる方へお繋ぎしています。

本当に大切にしてくれるオーディオを好きな人へ繋いでいくことがオーディオの価値をこれからの世代にも繋いでいけるものだと考えています。

オーディオ専門店だからこそ出来る、買取した商品を壊れていても修理・メンテナスして販売しています!

ジャストフレンズはオーディオ専門店一筋で20年やってきました。

20年培ってきた知識と経験があるからこそ、お客様が大切に扱って下さったオーディオを壊れていても修理し、次に使ってくれる方へお繋ぎしています。

私は、買取とはただお金をお客様にお支払いして、商品を売って利益を得るだけの仕事だとは思っていません。

お客様が大事にされてきたお品の想いを、次に大切に使ってくれる方へ繋ぐ。

そんな「思いを繋ぐ」お店でありたいと思っています。

他社より高く買えないものもあるかもしれません。

ですが、どこのお店よりもその物の価値は理解することができると思っています。

金額よりも、もっと大切なお客様の思いも私は一緒に買取してお繋ぎしたいと思っています。

壊れたオーディオや音が出ないオーディオでもお気軽にご相談ください。

    こちらにチェック頂いてから送信ボタンをクリックして下さい。