JBL製トランジスタアンプ

こんにちは。ジャストフレンズです。
本日は1965年発売、JBL製のプリメインアンプ「SA600」をご紹介させて頂きます。

JBL SA600 フロントパネル

JBL社のアンプはあまり知られておりませんが、このSA600を含めSA660、SG520などマニアックなアンプがあります。「SA600」のパワーアンプ部は「408S/400S」とほど同等とされています。

JBL McIntoshとの関係

1950年代にJBLはMcIntoshと非公式に提携を結び、それぞれがデモンストレーションやプロモーション業務を行うときにお互いの製品を使用していました。ところが1960年頃になるとMcIntoshは自社製品が特定のスピーカーメーカーと関連があるように見られることを嫌うようになり両者の関係は消滅しました。

JBL独自の出力回路

SA600にはエンジニア、バート・ロカンシーが開発したJBL独自パワーアンプ回路、Tサーキットが搭載されました。この「Tサーキット」を採用した最初の製品が「SA600」インテグレーテッドアンプと、末尾に「S」のついた改良版SEシリーズ、パワーアンプでした。

JBL パワーアンプの回路Tサーキット原理図

SA600はWestern Electronics Show and Convention(WESCON)でデザイン賞を受賞しました。この独特のアンプデザインは「パラゴン」のデザイナー、アーノルド・ウォルフが手掛けたものです。

オプションのサイドパネル付きは「SA600C」となっています。

SA600は、瀬川冬樹先生が愛用したアンプとしても知られております。

JBL SA600仕様

  • 出力:40W + 40W
  • 入力感度/インピーダンス:PHONO・4mV、8mV、16mV(切替)/47kΩ、LINE・250mV/35kΩ
  • トーンコントロール:BASS・20Hz±18dB、TREBLE・20kHz±15dB
  • 周波数特性:20~20,000Hz±0.75dB、パワーアンプ部・20~20,000Hz±0.25dB
  • 外形寸法:W411×H129×D349mm
  • 重量:11.3kg