こんにちは、ジャストフレンズです。
本日は「CAV T-88a」真空管プリメインアンプが入荷しました。

KT-88をプッシュプル動作させ、高出力の45W+45Wを実現しております。

フロントパネルに3極管動作/ビーム管動作の切替スイッチ付が付いており両方のサウンドが楽しめるアンプとなっております。

3極管、ビーム管

フォノイコライザー回路も搭載しているのでレコードも視聴可能です。

今回はビーム管動作にてバイアス調整を行いました。

T-88aのバイアス回路は固定バイアス方式でKT88ソケットの裏側に調整用のボリュームがあります。1つの真空管に対して1つのボリュームで調整をします。

バイアス調整用ボリューム

KT88のカソードにて、プレート電流が約40mAになるように調整しました。

カソード

同じように他の3本の真空管もバイアス調整を行います。
バラツキも少なく動作は良好のようです。

他にも色々な商品が入荷しておりますので、随時ご紹介させて頂きます。