Music Matters Jazzとは?


Music Mattersは、クラシックなBlue Noteレコードの高品質なオールアナログプレスの長いストリングで知られているレコードの再発行会社です。すべてのレコードについて常に高品質の基準を遵守しており、一流のプレスからヘビーウェイトゲートフォールドカバーや追加のセッション写真までをカバーしています。その結果、100を超えるタイトルのコレクションが生まれ、音は大きく、豊かで、ライナーノートを読むだけで前向きで触覚的な体験ができました。真のプレミアム製品であるMusic Mattersの再発行は、最高の製品の1つでした。BLUE NOTEに焦点を絞り、オリジナルマスターテープからのリイシューを行い、45回転シリーズ、33回転シリーズというユニークかつマニア心をくすぐる2本柱でのリリースを行う。盤の重さもプレスを考え180gで製作され、高音質なリマスターだけではなく制作工程にもこだわりがあります。
2007年、音楽の古くからの友人であるRon RambachとJoe Harleyは、人類の歴史の中で最も重要な録音済みジャズのコレクションであるBlue Noteカタログから選択したレコーディングを45rpm 180グラムのペアで再発行するというアイデアを思いつきました。各タイトルの価格は50ドルですが、製品の品質が価格を正当化します。オリジナルのBlue Note LPは数千ドルで購入できるため、RonとJoeのダブルLPセットのコストは実に妥当であるように見えました。素材の選択に影響を受けました。ブルーノートの最高のレコーディングのほとんどは、細心の注意を払ってリマスターされ、中央に未公開のセッション写真を含む高品質のゲートフォールドジャケットにパッケージされています。

モノラルとステレオ

ブルーノートレコードは、モノマスターとステレオマスターの両方が存在し、おそらくモノマスターが好まれるだろうというものでした。結局のところ、LPコレクター市場で最も珍重されるのはモノブルーノートだと思います。しかし、最初のマスターテープ(ホレス・パーラン “Speakin ‘My Piece”セッション)を聴くと。驚いたことにステレオは、モノよりも遥かに好まれました。ステレオプレゼンテーションは、ルディヴァンゲルダーのイングルウッドクリフススタジオで1960年7月のその素晴らしい6曲を演奏する五重奏を、より明確に提示しました。ステレオプレゼンテーションは、モノよりも空気、ディテール、そして生活の質を高めました。モノラル再生は、全員が知っていて愛していた古き良きLPの思い出でした。オリジナルのマスターからのステレオ再生は不気味で、それはルディのスタジオで当時に遡るようなものだったそうです。簡単に言うと、ステレオマスターは、その日そこにいることがどのようなものだったかをもっと明確にしました。最初の2日間のマスタリングセッション中にテープを次々に聴いても、同じでした。そして、それらのマスターテープボックスのすべてに同じ手書きの表記「50/50ステレオから作られたモノマスター」がありました。そして関係するすべての人にとって、RVGのモノラル/ステレオに関する大きな論争は、すべて解決されました。

何故200gではなく180gなのか?

180gが、ほぼ完璧なプレス提供するのに十分であると信じるという単純な理由で180gプレスを使用しているそうです。150gと180gの重量用に設計されたプレスを強制的に200gのヴァイナルに押し付けると、反りを含む多くの問題が発生します。オーディオファンのヴァイナルチャットルームをチェックすると、200gヴァイナルは、不満を言うバイヤーが多く存在します。Music Mattersが、Record Technology Inc.の友人に、可能な限り最高品質のプレスを達成するための推奨事項を尋ねたとき、彼らの答えは明確で180gでした。

接続のアップグレード

レコーディング施設内を調べたところ配線は、ほとんどカナレを使用している事が判明しました。オーディオファンが夢見ているものはほとんど無いのが現状でしたが、ラインレベル接続、チェーン内のACケーブルの両方の配線を改善することを提案し、施設のシステムパフォーマンスを大幅に向上させました。施設のアップグレードは大成功で、セットアップで作成したAudioQuestケーブルの違いを聴いたケビングレイは、次のように述べています。「最初、AudioQuestケーブルの変更は微妙で、他のケーブルと同じように音色は実際には変化しませんでしが、音を明るくしたり固めたりせず、より明確で鮮明になった。AudioQuestは、今まで聴いた中で最高の感覚を提供する。」
このセットアップの音響的な結果は、Blue Noteの再発行のMusic Mattersシリーズだけでなく、Cohearent Studioから出てくるすべてのものでも聴いており、当然、改良されたワイヤーを「Music Matters only」にしないことにしました。

ジャケットのこだわり



Blue Note recordingsは最高のグラフィックプレゼンテーションに他ならないとMusic Mattersは強く感じています。したがって費用が節約されていません。ゼロからデザインされたこれらのジャケットは、Blue Note and Impulseの最も成功した作品をモデルにしています。 50年代と60年代のラベル。その時代の素材と職人の技が、今日でもまだ新しく見える多くのジャケットを生み出しました。そのことを念頭に置いて、Music Matters Definitive 45RPM Blue Noteジャケットは、超耐久性のある極厚の段ボール素材と厚く豪華なラミネート加工を使用、生涯続くように設計されています。インパルス! 60年代のLPジャケットは、特にパリッとしたシャープな背骨のヒンジで有名でした。 Music Mattersは、Impulseに携わっ​​た職人の1人を保持しており。それらのジャケットのデザイン作業を行うその時代からのジャケットの質感、重量を適切に調整することにより、手にした瞬間に感じる豪華な品質となっています。さらにMusic Mattersは、このシリーズで使用するためにMosaic Imagesから30,000枚を超えるオリジナルのBlue Noteセッション写真の宝庫への独占的なアクセス権を取得しました。ゲートフォールドが開いて、これらのセッションの写真を驚くほどの高解像度で表示します。元のBlue Noteジャケットの写真より4倍シャープです。これらの写真は、これまで一般に公開されたことはなく、パッケージに付加価値を加えています。可能な限り、実際にはオリジナルのカバー写真ネガを使用してオリジナルのカバーアートを再構築しています。4インチx 4インチの写真4枚とフルサイズ12インチx 12インチの写真が各ゲートフォールドの内側を飾ります。これらはすべて、最高品質の無酸性フォト用紙に印刷されています。

Music Mattersのレコードができるまで

Cohearent Audioスタジオのグレイとランバッハ。

カッティングマシン。

スタンパーマシン

↑↑↑ Music Matters Jazzレコードプレス工場の風景が見れるサイトとなります、色々な工程がありレコードは製作されています。興味ある方はチェックしてみてください。

ブルーノートチーム

RON RAMBACH/ロン・ランバッハ

ミュージシャン、音楽愛好家、オーディオファン、ロンランバッハは、彼の生涯を通じて、音楽、特にジャズに非常に情熱を傾けてきました。彼は熱心な音楽への関心から「Music Matters、Ltd.」を設立しました。 1978年に、レアで収集可能なジャズのレコーディングをフィーチャーしたジャズ通信販売会社。 25年以上にわたり、彼の仕事は、世界で最も権威のあるコレクターの一部に最高のジャズレコーディングの獲得、評価、提供を含み、パーソナルコンサルタントとしての関心をさらに高めてきました。 Ronは、Atlantic、Verve、その他の独立系レーベルなどの大手業界リーダーにアドバイスを提供しています。彼はまた、30万タイトルを超える米国最大のジャズコレクションを管理しました。この経験は、彼の音楽への熱心な愛情と相まって、彼が現在彼の最新プロジェクトにもたらしているものの心と魂です。
この取り組みのために、RonはAudioQuestのJoe Harleyとチームを組み、有名なBlue Noteレーベルの最高のLPレコーディングをビニールで再発行するという彼の夢を実現しました。このプロジェクトでは、オリジナルのマスターテープを忠実に再現したサウンドで、「最高のベスト」であるブルーノートカタログの中心に焦点を当てます。「この権利を守ることは、ブルーノートを全員が知っているサクセスストーリーにした元のマスターやミュージシャンとの信頼関係を維持することを意味します。「このカタログを、聴き、見られるように意図したものとして表現します。そして、ラベルとその音楽的遺産に真に正義をもたらす製品を生み出します。」

JOE HARLEY/ジョー・ハーレイ

ハイエンドケーブル会社AudioQuestでのVPとしての彼の長い地位に加えて、Joeはおそらく、AudioQuest Music、Telarc、Enja、ECM、GrooveNoteなど、過去17年間のさまざまなレーベルの制作作品で最もよく知られています。これまでに、彼は2002年にRobert Lockwood Jr.によってグラミー賞にノミネートされた “Delta Crossroads”を含む100を超える有名なブルースとジャズのタイトルを生み出しました。ベニー・ウォレス、ジョン・アバークロンビー、アンソニー・ウィルソン、ブラッド・メルドー、グローバー・ワシントン・ジュニア、ダイアナ・クラル、マイク・スターン、ライ・クーダー、ヒューバート・サムリン、スーザン・テデスキ、テリー・エヴァンス、マイティ・サム・マクレーン。ハーレーは、1997年から2002年まで、JVC XRCDプログラムのクリエイティブディレクターも務めました。フランシスウルフのすばらしい写真とともにこれらの素晴らしいアルバムを最高のサウンドで発表する機会を得られたことは、大変貴重なことです。

MICHAEL CUSCUNA/マイケルクスクスナ

音楽は、著名なレコードプロデューサーMichael Cuscunaの人生とキャリアの中心的な焦点となっています。彼は60年代後半にFMディスクジョッキーおよび音楽ジャーナリストとしてキャリアをスタートさせました。その間、彼はダウンビート、ジャズとポップなどの出版物のために書いた。彼の経験により、彼はレコードプロデューサーとしての機会を模索しました。彼はその過程で、アトランティック、モータウン、キャピトル、コロンビア、アリスタのレコードを作成し、フリーダムやノーバスなどの独立系レーベルもサポートしました。この作品は、卓越したレコードプロデューサーとしての認知度を高めるのに役立ち、1993年と2002年に「ベストヒストリカルアルバムプロデューサー」でグラミー賞を獲得しました。マイケルは1975年までジャズの再発行ビジネスで著名でした。チャーリー・ルーリーとの1983年。有名なBlue Noteヴォールトやその他の有名なジャズレーベルにアクセスできるようになり、マイケルは品質とプレゼンテーションの新しい基準を設定すると同時に、音楽の活性化を助けました。彼はMosaic向けの見事な限定版ボックスセットのプログラムを制作し、主流メディアから絶賛され、ジャズファンから崇拝されました。未発表の素材の発見と制作に重点を置いて、マイケルは100枚以上のアルバムの再発行を監督し、新世代の音楽リスナーにジャズの伝説を呼び戻しました。 Michaelは、Bonnie Raitt、Buddy Guy、Woody Shaw、Dexter Gordon、McCoy Tyner、Don Pullenなどのコンテンポラリーアーティスト向けの多数のレコードも作成しています。Mosaicの限定版の箱入りセットは、主流メディアから絶賛され、ジャズファンから崇拝されました。未発表の素材の発見と制作に重点を置いて、マイケルは100枚以上のアルバムの再発行を監督し、新世代の音楽リスナーにジャズの伝説を呼び戻しました。 Michaelは、Bonnie Raitt、Buddy Guy、Woody Shaw、Dexter Gordon、McCoy Tyner、Don Pullenなどのコンテンポラリーアーティスト向けの多数のレコードも作成しています。Mosaicの限定版の箱入りセットは、主流メディアから絶賛され、ジャズファンから崇拝されました。未発表の素材の発見と制作に重点を置いて、マイケルは100枚以上のアルバムの再発行を監督し、新世代の音楽リスナーにジャズの伝説を呼び戻しました。 Michaelは、Bonnie Raitt、Buddy Guy、Woody Shaw、Dexter Gordon、McCoy Tyner、Don Pullenなどのコンテンポラリーアーティスト向けの多数のレコードも作成しています。Michaelは、Bonnie Raitt、Buddy Guy、Woody Shaw、Dexter Gordon、McCoy Tyner、Don Pullenなどのコンテンポラリーアーティスト向けの多数のレコードも作成しています。Michaelは、Bonnie Raitt、Buddy Guy、Woody Shaw、Dexter Gordon、McCoy Tyner、Don Pullenなどのコンテンポラリーアーティスト向けの多数のレコードも作成しています。

KEVIN GRAY/ケビン・グレイ

18歳のとき、ケビングレイは1972年にハリウッドのアーティザンサウンドレコーダーでレコードのカットを開始したとき、この国で最も若いマスタリングエンジニアでした。次の5年間で、アメリカ、ポールアンカ、ビーチ・ボーイズ、デビー・ブーン、ドナルド・バード、マック・デイビス、ELO、グレイトフル・デッド、フレディ・ハバード、ビリー・ジョエル、マナサス、オズモンド、ケニー・ランキン、レッドボーン。 40年間のキャリアの中で、ケビンはポップ、ロック、ジャズ、クラシック、パンク、ヘビーメタル、ニューエイジ、ゴシック、世界の民族、ディスコ、ダンス、ソウル、ブルース、ラップなど、あらゆるジャンルのすべてのメジャーレーベルの音楽をマスターしてきました。 。彼は100を超えるトップ10とグラミー賞を受賞したレコード、そして何十ものRIAA認定のゴールドとプラチナのアルバムとシングルを手に入れました。Kevinは1997年にAcousTech Masteringで働き始め、彼らのスタジオの開発に貢献しました。 2010年、ケビンは自分のマスタリング施設であるCohearent Audio、LLCをオープンしました。それは以前と同じ素晴らしいギアをすべて利用し、いくつかの新しいアップグレードと追加があります。 「ブルーノートカタログは、史上最高のジャズレコーディングの一部です。PERIOD。45rpmのビニールで最高のブルーノートタイトルのいくつかをリマスターできることは、名誉であり、多くのことは言うまでもありません。楽しい!」45 rpmのビニールで最高のブルーノートタイトルのいくつかをリマスターできることは名誉であり、特権であり、非常に楽しいことは言うまでもありません!」45 rpmのビニールで最高のブルーノートタイトルのいくつかをリマスターできることは名誉であり、特権であり、非常に楽しいことは言うまでもありません!」

CHRIS MOUSDALE/クリス・モズデール

18歳のとき、ケビングレイは1972年にハリウッドのアーティザンサウンドレコーダーでレコードのカットを開始したとき、この国で最も若いマスタリングエンジニアでした。次の5年間で、アメリカ、ポールアンカ、ビーチ・ボーイズ、デビー・ブーン、ドナルド・バード、マック・デイビス、ELO、グレイトフル・デッド、フレディ・ハバード、ビリー・ジョエル、マナサス、オズモンド、ケニー・ランキン、レッドボーン。 40年間のキャリアの中で、ケビンはポップ、ロック、ジャズ、クラシック、パンク、ヘビーメタル、ニューエイジ、ゴシック、世界の民族、ディスコ、ダンス、ソウル、ブルース、ラップなど、あらゆるジャンルのすべてのメジャーレーベルの音楽をマスターしてきました。 。彼は100を超えるトップ10とグラミー賞を受賞したレコード、そして何十ものRIAA認定のゴールドとプラチナのアルバムとシングルを手に入れました。Kevinは1997年にAcousTech Masteringで働き始め、彼らのスタジオの開発に貢献しました。 2010年、ケビンは自分のマスタリング施設であるCohearent Audio、LLCをオープンしました。それは以前と同じ素晴らしいギアをすべて利用し、いくつかの新しいアップグレードと追加があります。 「ブルーノートカタログは、史上最高のジャズレコーディングの一部です。PERIOD。45rpmのビニールで最高のブルーノートタイトルのいくつかをリマスターできることは、名誉であり、多くのことは言うまでもありません。楽しい!」45 rpmのビニールで最高のブルーノートタイトルのいくつかをリマスターできることは名誉であり、特権であり、非常に楽しいことは言うまでもありません!」45 rpmのビニールで最高のブルーノートタイトルのいくつかをリマスターできることは名誉であり、特権であり、非常に楽しいことは言うまでもありません!」

こちらはMusic Matters Jazz公式サイトですオンラインショップやレコード批評などもご覧いただけます。今回こちらのサイトを参考にBlogを作成させて頂きました。

※ジャストフレンズレコードオンラインページにてMusic Matters Jazz 45回転シリーズ未開封盤絶賛販売中ですのでこちらもチェックお願い致します。