CAV T-5 真空管プリメインアンプ

新品

¥ 108,000 税込

商品コード: 0090

関連カテゴリ

  1. 真空管アンプ
  1. 全ての商品
数量
    





《 新品 CAV T-5 真空管ステレオプリメインアンプ 》


出力段に、オーディオ出力管として定評のある5881をUL接続した真空管プリメインアンプです。

■5881出力管
5881の名称は6L6の軍用名称で、6L6はRCAが1936年に開発した世界初のビーム4極管です。
ビーム出力管はオーディオ用の出力管として作らてたものですが周波数特性がよく、
送信管としても使えたことから、無線通信機や映画館の大出力アンプなどに汎用されました。
身近な所ではギターアンプにも多様されています。
6L6の開発を契機にしてKT66、KT88と言った著名なビーム管が生まれて、
真空管の出力が大きくなって行きました。6L6の改良型が6L6G/6L6GB/6L6GC/5881で、
6L6GCではプレート損失が30Wに達しました。

■ビーム4極管(ビーム管)
ビーム4極管はカソードと同電位の電子ビーム形成電極を持つことが特徴なのですが、
プレートとスクリーングリッドとの間に適切な間隔が設けられ、
コントロールグリッドとスクリーングリッドのピッチが精密に合わされ、
5極間と同等の効率を持つことが謳われています。ビーム出力管と5極管の優劣は一概に言いきる事は出来ません。

■使用球
5881×4
12AU7×4
12AX7×1

製造:2011年12月上旬発売

詳しくは公式サイトを御覧ください→CAV T-5


《動作状況》


新品


《コンディション》


新品


《付属品》


電源ケーブル


《機種の定格》


型番:T-5
形式:4段増幅プッシュプル駆動トランス出力
定格出力:20W+20W(4Ω)、20W+20W(8Ω)
周波数特性:20Hz~35kHz ±1dB
全高調波歪率:1.5%(1kHz、定格出力時)
SN比:92dB(Aネットワーク)
入力端子(入力感度、入力インピーダンス):
CD(210mV、100kΩ)
DVD(210mV、100kΩ)
AUX1(210mV、100kΩ)
AUX2(210mV、100kΩ)
出力端子:スピーカー出力4Ω端子、スピーカー出力8Ω端子
電源電圧:AC100V、50/60Hz
消費電力:235W
外形寸法:305(幅)mm × 185(高さ)mm × 335(奥行き)mm (突起部を含む)
質量:18.2kg


《配送・送料について》

送料無料

▲トップへ戻る