LUXMAN伝説の真空管アンプ

LUXMAN SQ-38FD MKⅡ買取りさせて頂きました。ラックスマンの38FD(通称:サンパチエフデー)真空管アンプは、ラックスマン社で大ヒットしたアンプで現在もその完成度から多くのファンがいる真空管アンプです。

NECの協力を得て50CA10を開発

50CA10ラックスマン社の真空管アンプは、NEC製の真空管を使用していますが38FDに使用されている真空管50CA10は、NECの協力を得てラックスマンが開発した真空管で同社のアンプ以外には使用している真空管アンプはありません。

OY15型トランス

LUXの技術担当責任者だった上原晋氏が、開発・設計を担当。以後、38FDシリーズ、MQ60などのパワーアンプに使用している出力トランスです。

LUXMAN製アンプの修理

当店ではオーディオ専門店として培った技術・経験を活かし、ラックスマン製真空管アンプの修理・調整を行っております。ラックスマン社が多く真空管アンプを製造していたのは今から約40年前です。40年前の真空管アンプでも修理・調整を行えばまだまだ現役で使用出来ます。「音が出ない」「真空管を紛失して動作出来ない」など故障している真空管アンプの買取りも出来ます。